Metaverse

■Cryptovoxels初心者必見!「絶対に知っておきたいCryptovoxelsの基礎知識」を徹底解説!

・メタバースで遊んでみたい!
・Cryptovoxelsを使用してみたい!
・基本的な操作方法が知りたい!

今回はこんなを悩みを解決します!

現在、かねりんさんが運営しているAsiaVerseNFT Hallが話題になっております。

こちらはCryptovoxels内の建物で、NFTアートを展示したり、イベントを開催したりしてます。

かねりんさんが主催するMediaDAO】
『トップシェアのクリプト系メディアをDAOで作る』がミッション!!

そこで本記事では、Cryptovoxels内で探索や建築・交流と、自由度の高いメタバースでの基本的な操作方法を知りたい方向けに「絶対に知っておきたいCryptovoxelsの基礎知識」を紹介します。

僕もいろいろ探索をして、いろんな方の作品を見たり、交流したり、イベントに参加したりしました。

そこでは他ユーザーとの交流が豊富で、探索だけでも十分楽しめます!

本記事の具体的な内容は、次の通りです。

Cryptvoxels(クリプトボクセルズ)の基礎知識
①Cryptovoxelsとは?
②Cryptovoxelsで出来ること
Cryptovoxelsの始め方
Cryptovoxelsの遊び方
⑤まとめ

私は2021年11月よりNFTに興味を持ち、仮想通貨・NFTアートを購入したり、日々NFT・メタバースの勉強をしております。現在かねりんさんが主催するMediaDAOに参加しており、そこでNFTやメタバース建築などを学んでおります。

最近では、自分で建物も建てております。
こちらはイーサリアムブロックチェーンを基盤としたVRプラットフォーム:Decentralandですが、無料で閲覧できますので是非覗いてみて下さい。

Decentraland内のNFTアート展示場:KuroKazz Hall

PCのみ対応しております。

そんな僕の失敗と経験をふまえて、Cryptovoxelsの操作方法を紹介していきますね。

本記事を読めば、Cryptovoxelsの必要な操作方法の基礎を理解することができメタバースを楽しむことができるようになります。

①Cryptovoxelsとは?

では、まずはじめにCryptovoxelsの概要について簡単に解説していきますね。

・Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)とは

Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)とは、ニュージーランドのNolan Consulting Limitedのオーナー:Ben Nolan氏が中心となって開発を進めている、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンを利用したメタバースです。

メタバースについての解説はこちらにあります。

Cryptovoxelsとブロックチェーンについて

前述したように、CryptovoxelsはEthereumブロックチェーンを使っています。

Cryptovoxelsが提供する主な資産として土地」が挙げられます。

この土地」はEthereumのNFT(Non-Fungible Token、代替不可能なトークン)に基づいて作られております。

NFTについても解説はこちらにもあります。

要CHECK!!
NFTとは?絶対に知っておきたいNFT概要をわかりやすく解説!

続きを見る

また、そのメタバースの中にある、建物」「アート作品」なども、NFTになっています。

もちろん、この土地」建物」「アート作品」などは、売買することが可能です。

私も今後は、自分の土地を買って、そこに好きな建物をつくって、お気に入りのアート作品を飾りたいなと考えております。

この仕組みをうまくつかえば、展示会などで人を集めてイベントを開催することもできます。

現に、私が参加しているかねりんさんが運営しているAsiaVerseNFT Hallの屋上では、イベントが行われており、多くの参加者で賑わっております。

そこの建物にはNFTアート作品も展示されており、作品を見ながら売買することも可能です。

是非一度訪問してみてください。
AsiaVerseNFT Hall

なるほど。
概要はわかったけど、そのCryptovoxelsって何が出来るの?

ここからは、Cryptovoxelsで出来ることを解説してきますね。

②Cryptovoxelsで出来ること

Cryptovoxelsで出来ることは幅広いです。

・アバター同士のコミュニケーション
・土地の売買
・建物の建築
・NFTの展示や売買など

まず、1番大きいのは、他ユーザーとのコミュニケーションを楽しむことです。

その他にも、自分の土地を購入して建物(仮想店舗や展示場など)を建築したり、NFTアートなどを展示したりできます。

NFT作品は他ユーザーに共有することができ、販売できるよう設定することも可能です。

また、逆に他ユーザーのNFT作品を買うことももちろん可能です。

VRにも対応しており、本当に仮想現実に没入しているかのような体験をできるのもポイントでしょう。

ちなみに、NFTを活用したメタバースの代表的なものとして、

今ご紹介している、Cryptovoxels(クリプトボクセルズ)の他に、Decentraland(ディセントラランド)も有名です。(他にも多数ありますが・・・)

違いか様々ありますが、

個人的に大きな違いでいうと、

Decentralandは画像のように、現実世界に近い曲線などリアリティある3D世界です。

それに対し、Cryptovoxelsはその名の通り、立方体(ボクセル)を積み上げて作ったような世界観です。

いわばレゴブロックのような世界観ですね。

一度サイトにアクセスして、確認してみてください。

メタバースの事例については別記事で紹介できればと考えております。

今しばらくお待ちください。

②Cryptovoxelsの始め方

では、ここからは実際にCryptovoxelsの始め方を紹介してきます。

基本的にCryptovoxelsウォレット(仮想通貨用のお財布)を接続しなくても使用出来ます。

しかし、今後NFT作品などを閲覧するためにも、ウォレットを作成し、接続できるように準備しておいたほうが良いでしょう。

今回はMetamaskというウォレットと接続する方法を解説していきます。

まず、Cryptovoxelsの公式サイトにアクセスしましょう。

アクセスすると、TOPページが表示されます。

ウォレットに接続しない場合は、Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方までスクロールして下さい。

右上の『Sign in』ボタンをクリックしましょう。

接続確認が表示されるので、今回は、Metamaskを選択します。

Metamaskが立ち上がり、右側にMetaMaskの画面がでてきます。

使用するアカウントであることを確認し、内容を確認して問題なければ「署名」をクリックしてください。

接続が完了すると、右上にアドレスが表示されます。

右上が赤枠のような表示になったら接続は完了しております。


流れに沿って行えば、簡単に接続できると思います。

接続が完了したら、早速メタバース空間に入ってみましょう!

Cryptovoxels(クリプトボクセル)の遊び方

まずは、初期画面で「Play now」をクリックします。

そうすればゲームはスタートします!

クリックするとこのような画面に映ります。

ここはもうメタバース空間の中ですよ!

ここからは、基本的な操作方法やツールなどを解説していきますね。

STEP1:基本操作

基本操作はマウスとキーボードで行います。

■マウス操作:カーソル移動(視点移動)

■左クリック:カーソルで指定したリンクやNFTなどの情報を閲覧

Esc」: Cryptovoxelsのウィンドウ内でのカーソルの操作を一時停止。マウスでの通常操作ができるようになります。

「W」(矢印キー「↑」でも可):前へ進む
「S」(矢印キー「↓」でも可):後ろへ下がる
「A」(矢印キー「←」でも可):左へ移動する
「D」(矢印キー「→」でも可):右へ移動する

「Space」: ジャンプ

「Shift」:押しながら移動すると、移動速度が速くなる。

「F」: 飛行モードになって空中を飛べる状態になります。もう一度押すと解除されます。

「C」:一人称視点カメラと、三人称視点カメラの切り替え

「Tab」:メニューを表示

「Enter」:チャットを開く

STEP2:画面環境

画面環境について解説する前に、

画面環境内のツールをクリックするには、マウスカーソルを表示させましょう!
マウスカーソルは、「Esc」を押すことで表示できます。

まずは左上赤枠のボクセルロゴについて

このアイコンをクリックすると、メタバースから退室することができ、

クリプトボクセルのトップページに行くことができます。

次に、こちらの画面右上です。

@westcoastbill 21x: space age:ストリートアドレス
Explorer:イベント情報や土地の確認ができるウィンドウ
Help:ヘルプページ
anonymous(KuroKazz):ユーザー名
アイコン1:音量設定
アイコン2:画面の拡大・縮小

次に、画面左下です。

こちらも左から解説していきますね。

・クイックガイド
・シェアされているスポット
・チャット
・エモート

続いて、右下の項目についてです。

これはCryptovoxelsのマップになります。

マップに表示されている白丸矢印は、自分の場所・方位を示しています。

青丸(上記画像にはないですが・・・)は、他ユーザーの場所を示しています。

このマップを使うことで、手軽に移動できることが可能となります。

続いては、マップを使った移動方法について解説していきます。

STEP3:マップの使い方

基本的な移動方法は、キーボードの「WASD(矢印キーでも可)を使った移動がメインです。

しかし遠くに移動する際は、マップを使った移動を使います。

なんとなくこの辺は、個人的にポケモンを思い出します。(僕だけ??)

マップの右上にある「拡大」アイコンをクリックします。

このように、拡大されたマップが表示されます。このマップを使って、テレポート先を選択します。

画面右側では、ジャンルを絞ることが可能です。

今回は、IPPEI ISHIBASHIさんの土地に、移動してみましょう。

地点を選択したら、『Teleport here』をクリックします。

すると、このように選んだ地点に移動することができました。

マップを用いた移動の解説は以上になります。

次はNFTを確認する方法を解説していきます。

STEP4:NFTを確認する方法

早速、展示されているNFTの詳細を確認していきましょう。

今回はAsiaVerseNFT Hallに展示されいているNFTアートを確認していきます。

まずは、気になるNFTの前まで近づきましょう。

その後、NFTの正面に立ち、左クリックをします。
すると、このように展示されているNFTの詳細が表示されます。

こちらに、Openseaのリンクが記載されていますので、興味のあるNFTアートがあれば覗いてみましょう。

すると、Openseaのリンクに移動することができます。

以上が、Cryptovoxelsの使い方でした。

ここまでの操作方法が分かれば、探索は十分に楽しめます。

Cryptovoxels(クリプトボクセル)のNFTの買い方

ここからは少し補足で

Cryptovoxels(クリプトボクセル)にて、公開されているNFTの購入の流れを簡単に説明します。

必要な準備は下記です。

・仮想通貨(イーサリアム)の用意
・ウォレット(仮想通貨のお財布)入手
・OpenSeaの登録
・Cryptovoxelsの登録・ウォレットの接続

イーサリアムは国内取引所で購入できますが、私はビットフライヤー かコインチェックの利用をおすすめします。

仮想通貨の購入方法はこちらを参照ください。

要CHECK!
【完全初心者向け】ビットフライヤーで口座開設する方法【わかりやすく解説】

続きを見る

要CHECK!
【完全初心者向け】コインチェックで口座開設する方法【わかりやすく解説】

続きを見る

2つとも便利なアプリであり、今回ご紹介する手順でも利用しますので、

ぜひこれを機にご登録及びダウンロードしましょう。

STEP1:仮想通貨口座を開設
STEP2:仮想通貨(イーサリアム)を購入
STEP3:ウォレット(仮想通貨のお財布)を入手
STEP4:イーサリアムをウォレットへ送金

STEP5:OpenSeaの登録
STEP6:Cryptovoxelsの登録

STEP7Cryptovoxelsとウォレットの接続
STEP8:Cryptovoxels内にてNFTを探す

以上が大まかな流れとなります。

今後、別の記事で、それぞれの入金方法や登録方法を記載していきますね。

⑤Cryptovoxels(クリプトボクセル)のまとめ

今回は「絶対に知っておきたいCryptovoxelsの基礎知識」について解説してきました。

私は、いくつかのメタバースにおいて、

Cryptovoxelsがメタバース初心者に最も適していると思います。

それは比較的操作が簡単ですし、機能もシンプルだからです。
利用自体が無料なのも初心者に向いている点といえます。

メタバースを学びたい方は是非Cryptovoxelsから初めてみてはいかがでしょうか。

また、CryptovoxelsのNFT売買に必要になるイーサリアムはビットフライヤー やコインチェックで購入可能です。

1分もあれば誰でもイーサリアムを購入できるほど操作が簡単なので、これを機に口座開設してはいかがでしょうか。

要CHECK!
【完全初心者向け】ビットフライヤーで口座開設する方法【わかりやすく解説】

続きを見る

要CHECK!
【完全初心者向け】コインチェックで口座開設する方法【わかりやすく解説】

続きを見る

また冒頭でもお話しした、MediaDAOに参加してみてはいかがでしょうか!

ここではNFTやメタバースについての最新情報などが入手や意見交換などができます!

MediaDAOのリンクはこちら

AsiaVerseNFT Hallはこちら

Cryptovoxelsは基本的な操作方法は簡単ですので、時間がある際に挑戦してみてはいかがでしょうか。

-Metaverse
-, ,